ブログ

ジキルとハイドとは、どんなお話なのか | ロックアップ名古屋

2017.09.18
こんにちは!監獄レストランザ・ロックアップ名古屋です。

 

 

ホラーテイストの表現方法のひとつに、二重人格、もしくは多重人格があります。ひとりの人間の中に、色々な年齢や性別、性格の人物が存在している状態です。

二重人格を描いたホラー小説の代名詞として有名なのが「ジキルとハイド」です。当店のオリジナルカクテルのひとつにもなっている、ジキルとハイドとはどんなお話なのでしょうか?

 

イギリスのホラー小説である「ジキルとハイド」


 



ジキルとハイドは、19世紀イギリスの文豪、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説である「ジキル博士とハイド氏の奇妙な事件」が原作となっています。

 

あらすじを簡単にまとめると、殺人事件が起きてその犯人はハイド氏。そして、ハイド氏とはジキル博士が薬によって起こすもう一人の残虐な人格だったのです。それは、ジキル博士の書斎で自殺しているハイドの遺体と、その近くにあったジキル博士の手記から分かりました。

 

元々、ジキル博士はまじめで紳士的な人物でしたが、心の奥底に隠していた非道や欲望を働いてみたい、という願望からハイドの人格になれる薬を発明し、ハイドになって非道な行為を行っていたのです。

 

ジキルとハイドは、原作だけでなく舞台やドラマ、または物語の中のオマージュとして度々使用されています。「二重人格」「陰と陽」「ふたりでひとつ」などの代名詞にもなっています。

 

「ジキルとハイド」を始めとしたオリジナルカクテルも豊富です


 



 

「ザ・ロックアップ名古屋店」の「ジキルとハイド」は、ピーチとパイナップルのオリジナルカクテルです。他にも、「悪魔の輸血」や「電気ショック」「人体実験カクテルセット」など、ホラーテイストたっぷりのオリジナルカクテルをご用意しております。

 

ノンアルコールのカクテルもございますので、お酒が飲めない方もお楽しみいただけます。

 

 

監獄レストランザ・ロックアップ名古屋店は監獄個室の異次元空間で味わう

ドキドキ&ワクワク暗黒の創作料理&怪奇演出カクテルを堪能できる

体験型レストランです。

監獄にちなんだメニューやドリンクを豊富に取り揃えております。

飲み放題付きのコースもございます。

誕生日や記念日にぴったりなコースや単品のケーキもご用意しております。

客席も巻き込んだモンスターアトラクションは毎日開催中!

予約・ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

電話番号050-7576-5879

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

監獄レストランザ・ロックアップ名古屋店PR担当でした!

ザ・ロックアップNAGOYA Instagram -名古屋個室-

ザ・ロックアップ天神ザ・ロックアップ天神ザ・ロックアップ天神ザ・ロックアップ天神ザ・ロックアップ天神ザ・ロックアップ天神ザ・ロックアップ天神ザ・ロックアップ天神ザ・ロックアップ天神

ザ・ロックアップNAGOYAについて-名古屋個室-

店舗名 ザ・ロックアップNAGOYA
所在地 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区 名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館B1
電話番号 050-7576-5879
営業時間 月〜金・祝前日
ディナー 17:00〜翌1:00
(L.O.24:15、ドリンクL.O.24:40)
時間外のご予約もお気軽にご相談下さい。


ディナー 16:00〜翌1:00
(L.O.24:15、ドリンクL.O.24:40)

日・祝日
ディナー 16:00〜24:00
(L.O.23:15、ドリンクL.O.23:40)
定休日 1月1日、2月第二日曜日
アクセス JR 名古屋駅 徒歩5分